心の生まれた日

心の生まれた日(6)『神々の沈黙』(1)

昨日、せっかく時間があったはずなのですが・・・。

時間があると思って久しぶりにメルマガを出して、で、次にはホームページにカレンダーを付けて、なんてやっていました。ところがカレンダーを作るためにGoogleにメールアドレスを登録したら、急にすごい量のスパムメールが来て、その対応をしているうちにヒマなはずだった時間が終わってしまったのです。

ああ、ムダな時間だった。

というわけで、昨日書けなかった分を今日、書いています。今は電車の中。やはり下手にヒマがある日よりもバタバタしている日のほうが書けるようです。

▼要約は内田さんのブログで

さて、前回はミズンの『心の先史時代』の紹介をしました。今回紹介するのはジュリアン・ジェインズが書いた『神々の沈黙』です。

同書の出版社である紀伊国屋書店のホームページには紹介と目次が出ています。--->

『神々の沈黙』を書いたジュリアン・ジェインズ(故人。1997年没)は、プリンストン大学の心理学教授です。前に紹介した『心の先史時代』は認知考古学からのアプローチなのに対して、こちらは心理学からのアプローチかなと思いきや、叙事詩『イーリアス』からアプローチして、人間の心の発生を考えています。

さて、この本については内田樹さんがブログで何度か書かれているので、そちらをご覧いただくのが手っ取り早く、しかも確実です。内田さんのブログに行かれて「ジェインズ」と検索すると何箇所か出てきます。

まずは手っ取り早く「内容を知りたい!」という方は以下の日のブログがいいかも。--->

▼心とは「内省する意識」(ジェインズ)

さて、前回紹介したミズンは、心が生まれたのは6万年前(ないし3万年前)だといい、今回のジェインズは3千年前だと言います。

この差はすごい。ちょっとした誤差などと言って済まされる差ではありません。

この差は「心」の定義の違いから来ています。ミズンは心とは何かという定義はちゃんとはしていませんが、心の中のさまざまなモジュール(アーミーナイフのおのおの)の間に認知的流動性ができた時点が「心」ができた時だとしています。これが6万年前、ないし3万年前(この幅もすごいけど)。

それに対してミズンにとっての心は「内省する意識」です。

が「内省する意識」といわれたって、「意識」とは何かという問題はそう簡単には解決しません。そこでミズンは本書の最初で、意識とは「何でないか」を考え、ついで意識の「特徴」を検証してから、本題に入っています。

これも大切なのですが、ここで扱っていると複雑になるのでまた後日・・。

ちゃんとした要約は内田さんのブログに譲って、以下では究極の単純化をして数行で本書の内容(特に第一部)を書いてしまうことにしましょう。

▼『神々の沈黙』600字概要

その昔、人間には「意識」とか「意思」がなかったとミズンは言います。

意識とか意思がないのに、じゃあ、どうやって行動していたのかというと、それは「神」の声に従っていたというのです。

こういう人間の心をジェインズは<二分心>と名づけます。

なぜ「二分」心というかというと、古人の心の中は・・

(1)命令を下す「神」と呼ばれる部分と
(2)それに従う「人間」と呼ばれる部分

・・という具合に二つに分かれていたからです。そしてそのどちらも意識されませんでした。<二分心>の人間には意識がないのです。

「えー、意識がない状態で人は生活ができるの?」

という問に対してジェインズは、だって僕たちだってふだんほとんど意識しないで生活してるでしょ、と、たとえば車の運転とか、たとえばピアノの演奏とかを例に出しています。

と、ここまでがジェインズの言いたいことの概要で、それが第一部の内容。

そして、そんな風に神の声に従っていた<二分心>の人間から、現代の私たちのように「内省する意識」を持つ人間への変遷を文明の発祥からギリシャの神話とか、旧約聖書とかを紐解きながら解いていくのが第二部です。

で、この「意識」が生まれるのがジェインズによれば3千年前だというのです。

続く第三部では、現代に残る<二分心>の名残を「神託」、「預言者と憑依」、「詩と音楽」、「催眠」、「統合失調症」そして「科学」の中に見るという試みをしています。

ジェインズによれば、「今なお、新しい精神構造への移行のまっただ中にある」ので、実は現代人の多くも<二分心>で生きているといってもいいのです。

▼漢字の『心』の誕生もジェインズ説と同じ

『神々の沈黙』を知ったのは、松岡正剛さんのところに遊びに行ったときです(その日のことは松岡正剛さんのところのブログにあります)。

ちょうど「心」という漢字が甲骨文にはなく、周の時代になって唐突に現れたということに気づき、それを『心の先史時代』との関係で考えていました。そして、じゃあ「心」という漢字がどんな変遷をしていったのかな、ということを知るために該当箇所を『金文集成』から抜き出したのを持って、松岡さんのところにお邪魔しました。

松岡さんのところにある膨大な書籍群を見せていただきながら、その解釈を考えようというためだったのですが(すみません図書館のように使ってしまって)、ちょうどチェックをし終わったころ、お出かけをされていた松岡さんがお帰りになり、さまざまなお話をうかがっているうちに『神々の沈黙』の話が出たのです。

で、その帰りに購入し、一気に一部(178頁)を読んだのですが、漢字でも「心」が表れた周の時代が、ジェインズの説と同じでちょうど3千年前なのです。

びっくりしました。

『神々の沈黙』の中にも、ほんの一節ですが、次のようなフレーズがあります。

「中国の文献では、孔子の教えを記した『論語』によって主観性の世界へ飛び込んでおり、それ以前にはほとんど何もない(P.381)。」(索引には孔子の名前も『論語』も出てきませんが)

「後記」によると同僚のマイケル・カーが中国のこの問題について論文を書いているという話なのですが、まだ読んでいません。

ジェインズの「『論語』によって主観性の世界へ飛び込んだ」という直感はかなり当たっています。

ただ、正確にいえばちょっと違うし、孔子のしようとしたことは(多分)ジェインズが想像したことよりももっと重要なのですが、それに関してはもう少し経ってから書くことにして、次回も『神々の沈黙』についてもう少し書くことにしようと思っています。

ちょっと休憩

連休があると楽しみ!というのが普通の人ですが、人を相手にする仕事をしていると連休は働き時なので大変です。順調だった「鳩翁道話」も「心の生まれた日」もちょっと休憩です。

が、早く続きを書きたい。

明日は割合、気楽な予定なので少しは書こうと思います。

実は、明日が気楽なので今日は「カフェで少し書こう」と思って始めたのですが、三連休のちょうど真ん中。しかも、明日が仏滅のため「結婚式は今日に!」という人が多かったのか、結婚式帰りの人たちでいつも行くカフェは大賑わい。

で、うるさくて全然書けませんでした。

本や雑誌の原稿はもちろんのこと、ブログのような気楽な文章でも横で人が話をしていると全く書けません。これはテレビでも同じ。娘が保育園に持っていく手帳(体温とかちょっとしたことをメモするだけ)ですら、朝のテレビなんかがかかっているとダメだったんです。

というわけで、ならばとiPodを購入したのですが、これまた音楽を聴いてしまってダメでした。カフェのBGMならばいいのですが、少なくとも自分で選曲して入れた曲はダメですね。

唯一、それでも何とかなるのはジョン・ダウランドのリュート曲くらいです。でも、もうメロディーをほとんど覚えてしまったので、これもダメだし、隣で大声で話されていると、いくらノイズ・キャンセリングのイヤホンでもリュートだと負けてしまいます。

しかし、部屋で書く気にはなれないし・・・。

と、実はこれが明日書こうと思っている「心の生まれた日」のイントロになっているのでした。

心の生まれた日(5)『心の先史時代』(1)

前回は、人には「心」がなかったという時代があったんだろうか、というところで終わりました。

そして、「そう。むかし人には心がなかっただよ」といいながら、じゃあ、どんな風に心はできてきたのかということを書いている人が二人います。ひとりは『心の先史時代』のスティーブン・ミズンと、そしてもうひとりが『神々の沈黙』のジュリアン・ジェインズです。

では、これから二人のの説を紹介します、ということで今回以降につながります。

今回はまずスティーブン・ミズンの『心の先史時代』を紹介しましょう。

最初に断っておきます。以下、かなり個人的な要約をしますので、すごい偏りがあるはずです。正しくはぜひ『心の先史時代』をお読みくださいね。出版社の青土社のホームページには目次も載っています。

▼アーミーナイフの心

さて、唐突ですがスイス・アーミー・ナイフって知ってますか。赤いボディにナイフやらハサミやらドライバーやら、さまざまなものがついているナイフで、海外旅行ではかなり重宝していたのに近頃では空港で絶対取られちゃうやつです。

これです。

knife

ミズンの本では、「人間の心は、そういうものなんじゃないか」という説が紹介されます。

僕たちの心の中は、ナイフとかハサミとか、そんなのがいくつか入っているアーミーナイフのようなもので、しかもそれらの各要素には生まれたときからある程度コンテンツが含まれている(「生得的にコンテンツ・リッチ」)という説です。

買ったときからアプリケーションが最初からいくつか入っているPCのようなものですね。文章を書くにはワードとメモ帳が最初から入っていて、絵を描くためにはフラッシュとペイントが入っていてとか・・。

で、人間の場合は当然、ナイフとかハサミじゃなくて、以下のもの。

・技術的知能(石器とかヤジリとかプラモデルとかを作るとか)

・博物的知能(あそこに行くとマンモスとか、いい女がいるぞとか)

・社会的知能(みんなでカラオケ行った方が一人で行くより楽しいぞとか)

あ、言語についてもあるんですが、ここら辺も含めて詳細は今回は省略します。言語なんかはまさに生得的ですね。また、こういう要素が未分化の一般的知能の話とか汎用的知能の話などもありますが、それもここでは省略します。

▼ネアンデルタール人で止まる進化

さて、ミズンは600万年前の人類の創生から物語を始め、そして発掘された石器やら頭蓋骨やらを分析していくのですが、途中でハタと立ち止まります。

僕たちホモ・サピエンスが生まれたのが10万年前です。600万年という途方もなく長い人類の歴史の中では10万年前なんてつい最近です。室町時代に始まった600年間の能の歴史の、最近の10年の能楽界の動向がホモサピエンスって感じです(マニアックですみません)。

僕たちホモ・サピエンスの前にはネアンデルタール人がいました。

人類の心の進化の歴史は、スイスアーミーナイフでたとえれば一本のナイフから始まり、それが何本かに分かれるアーミーナイフの誕生があり、さらにそれらの機能がどんどん洗練されていくというような歴史です。

人間でいえば「知能が未分化」だった状態から、脳の中が「各要素の知能」に分かれていき、そしてその「要素の中でさらに進化」するという歴史です。

アプリケーションなんか存在せず、カセットテープにデータを入れていた時代(知能が未分化)からDOSの時代に入り、フロッピーを出し入れしながら使っていた一太郎の時代があり、さらには配偶者の花子が登場(いくつかの要素の知能の誕生)し、さらにはハードディスクやメモリが生まれ、Windowsが生まれ、似たようなソフトがどんどん生まれたり、バージョンアップしていく(要素の中での進化)というのに似てますね。

で、ハタと立ち止まったのはネアンデルタール人まで進化したときです。

彼らの技術的知能は驚くべき高さを誇っていました。彼らのナントカいう石器(ルヴォロア尖頭器)を作れるのは現代人でも世界に20人といないらしい。

そんなすごい技術を持っていながら、象牙や骨の道具は作ってないし、いろんな材料を組み合わせた道具も作ってないし、さらなる進歩もないし・・。

「変じゃん!」とミズンは思ったのです。

これをネアンデルタール人になったつもりで考えてみると「俺たち、こんなすごい技術持っていて、もうこれ以上進化できないから、人類の進化も俺たちでおしまいじゃん」という風に思ったかも(現代人がそう。進歩は考えられるけど、進化は考えられない)。

確かにネアンデルタール人ほどの石器を作れるのは、現代では世界中に20人しかいないわけですから(というか石器を作ろうという人が何人いるんだ!って)各要素間の進化はあり得ない。

▼ズドンと風穴

さて、ある意味いままでの進化のどん詰まりが生じます。が、ここで「文化のビッグバン!」が起きるのです。

さまざまな要素に分かれていた各知能にズドンと横穴が開いて、各知能間に流れができた!

それが文化のビッグバン、脳のビッグバンです。横穴が開いたことにより、知能間の各要素の間に連絡が生じ、流れがよくなる。ミズンは「認知的流動性」なんて言い方をしています。

「俺、絵しか描けないもんね」とか「あたし文しか書けないもん」って言っていた(これがネアンデルタール人の脳)各要素が一緒になって「絵とか文とか貼り合わせてホームページを作っちゃおうか!」ってことになるのです。

DreamWeaverとFireworksの出現ですね。絵とか文とかは、その専門のソフトには負けるけど、でも全く新しい可能性が出てくる。

人間でいえば石器を作っていた技術的知能に、博物的知能や社会的知能も加わって「芸術」や「宗教」が生まれる。それと「科学」。

これらのことにはさまざまな領域の知識間の相互作用が必要です。

これが爆発的に開花したのが約6万年前。本の中に出てくる頭部がライオンで体が人間の象牙の像は3万年から3万5千年前。地域によって数万年のずれはあるけど、少なくともホモ・サピエンスの時代です。

いろいろな領域の間にズドン!と風穴が開いて風通しがよくなる、ここから「心」の歴史が始まるのです。

ミズンは心はこのようにできたと書いています。

心の生まれた日(4)心のない人間?

心の生まれた日の4回目です。まだまだずっと続きます。

▼心という文字がないなら心もないのか

前回は、漢字の発生から見てみると、今から3,000年ほど前までは「心」という文字がなく、さらに「心」は生まれてからも長い間、日陰の存在だったということを書きました。

さあ、となるとここで生まれる疑問は、「『心』という文字がなかったとき、人間には心そのものもなかったんだろうか」というものです。これは、文字云々をちょっとわきに置けば、「人間には『心がない』という時代があったんだろうか」と問い代えてもいいかも知れません。

然り!という人たちがいます。

が、それについてお話する前にちょっと個人的な経験を・・・。

以前、中学生たちと漢文の「矛盾」の話を読んだことがあります。で、その数日後にひとりの中学一年生がちょこちょこっとやってきて、「あの漢文のおかげで大変なことになった」と文句をいいます。彼がいうには、こうです。

漢文で「矛盾」という言葉を知るまでは、自分の中に「矛盾」があることに気づくことがなかった。が、一度「矛盾」という言葉を知ってからは、自分の中の矛盾が気になって、それまでの確信がグラついてしまって大変になってしまった、というのです。

なるほど。

ちなみにこの彼には、このほかにも名言がたくさんあるのですが、それはまた・・。

▼コトバがなければ時間もない

ヘレンケラーも似たようなことを書いています。

彼女がサリバン先生との「Water」の衝撃的体験で「すべてのものには名がある」と知った瞬間(瞬間だったかどうかは忘れましたが)、今まで感じたことのなかったふたつの感情、「悲しみ」と「後悔」が訪れたそうです(これは記憶だけの未確認ですので引用される方は要チェック!)。

私たちの記憶は「コトバ」によるところが大きい。このコトバというのは、いわゆる言語としての言葉だけではなく、絵とか音楽とか、そんなのも入ります。コトの端、すなわち実物とか実体験とかの一部を切り取って象徴したものです。アイコンのようなものですね。

昨日起こった<あること>を記憶するのに、そのまんまなんかはムリだから、ある一部(事の端=コトバ)で象徴して記憶する。で、後刻、そのコトバ・アイコンがクリックされると、そのときの感情とか行動とかが一挙に湧き上がってくる。

三重苦というのは、そのアイコンであるさまざまなコトバのどれもが認識できないのだからこれは大変。記憶もほとんどなくなる。記憶がないということは、時間もない。時間がなければ過去も未来もない。

で、「後悔」は過去にやったことに対する感情だから、コトバがなければそれがないのは当たり前。「悲しみ」も、かつてあるもの、あるいは本来はあるべきものがないときに生じる感情で、さらにはこれから先も多分ないんじゃないかなってことが含まれるとさらに増大する感情だからコトバがなければこれもない。

さらにいえば未来がなければ「不安」もない。

「名」や「言葉」がないとき、私たちは動物ととても近い存在になるのです。

過去や未来の呪縛から離れて、とっても自由!

▼身体文字と心理文字

となると「心」という文字がなかったときには、心がなかったかも、という意見もあながち荒唐無稽とはいえないかもしれないのです。

・・が、そうはいっても「文字はなくても『こころ(中国語ならシン)』というコトバはあったんじゃないの」という反論はあります。日本だって、コトバは話していながら無文字であった時代はすごく長いし、今だって無文字文化の方が文字文化よりもずっと多いほどですから。

でも、これは漢字文化では考えにくい。だって「心」という漢字ができるずっと前に、かなり多くの文字が、そしてかなり複雑な文字ができていたという事実があり、もし心を現すコトバ「シン」とかがあった場合は、それを文字にしないという理由があまり見当たらないからです。

人間に関する文字を「身体文字」と「心理文字」に分けるとすると、それまでの文字はみな「身体文字」で、「心理文字」はひとつもないんです。

ただ、だからといって「心がなかった」というのはやっぱりちょっと言いすぎだと思うのですが、その前に「心」の発生についての二人の説を次回から二度にわたって紹介して、それからこの問題についてまたあとで考えてみましょう。

次回から紹介するのは、ひとつは『心の先史時代』を書いたスティーブン・ミズンの説、そしてもうひとつは『神々の沈黙』のジュリアン・ジェインズの説です。

では、次回に・・。

心の生まれた日(3)甲骨文には心がなかった

さて、道話だけでなく「心の生まれた日」も忘れぬように書いておきましょう。

▼甲骨文には「心」がない

前回は「『論語』の巻頭の文の最初の五文字は、そのすべてが身体文字である」ということを見てみました。

で、ここら辺をチェックしているうちに面白くなっていろいろ索引をひっくり返したり、一覧表を作ったりしていました。一覧表というのは『論語』の中に現れる文字を、金文(西周、春秋、戦国)と甲骨文、そして両方ともにないものは『説文』の文字などで一覧できるようにした表です。未完成ですが・・・。

そんなことをしているうちに「心」系の文字が甲骨文字や金文の中には少ないということに気づきました。「心」系の文字というのは「心」や「りっしんべん」がつく文字です。

さらに「あれ?」と思うことがありました。

それは「甲骨文字の中には『心』という漢字がない」ということです。

『甲骨文字字釈綜覧(松丸道雄ほか)』の中にはいくつかの文字を「心」と読む中国人学者の説も載っていますが、これはちょっと納得しかねるので一応保留にしておきます。

「甲骨文字の中には『心』という漢字がない」というのは学者の人にとっては当たり前のことなのかも知れないのですが、在野の者としては驚きでした。だって「心」という文字がないということは「徳」とか「恋」とか「悦」とか、そんな心系の文字もないということなのですから。

これはびっくりです。

▼漢字はいっぱいあったのに「心」はなかった

漢字の発生は、「殷(いん)」の時代の武丁という王の時代で、紀元前1300年くらいです。

実はこの問題は学者の間でさまざまな意見のあるところなのですが、ここではその問題には立ち入らないことにして、一応、殷の武丁の時代で、紀元前1,300年くらい、今から3,300年くらい前に漢字はできた!ということにしておきましょう。

それ以前にも甲骨に書かれた文字は発見されていますし、さらにその前にも文字のようなものは発見されています。が、ちょっとそれはまたの話ということで・・。

殷(いん)は現在確認されている最古の王朝です。

あ、この問題もちょっと複雑です。伝承としては殷の前に夏(か)という王朝があるということになっていて、この夏王朝もどうも伝説の王朝ではなく実在したらしいということが近年では言われていますが、それもまだ定説とまではいかないので一応、殷が最古の王朝だということにして話を進めます。

さて、殷の時代には甲骨に刻まれた文字と青銅器に鋳込まれた文字(金文)があり、その文字数は数え方にもよります4,000種以上あるともいわれています。現代の常用漢字が1,945文字ですから、それよりもずっと多いし、象形とか指示文字だけでなく、会意とか形声とかいうすごく複雑な文字もある。

今から3,300年くらい前に漢字はすでに完成していたのです。

これはちょっと信じられないでしょ。たった一代の王の時代に4,000字以上もの文字が発生する。文字なんて、ゆっくりゆっくり何代も何代もかけてできあげっていくというイメージがあります。

ここら辺の摩訶不思議さはさまざまな人の想像力をかきたてるようで、たとえば宮城谷昌光さんなどは『沈黙の王』という短編の中で言語障害があった武丁が文字を発明するまでを描いている。

あるいは「こんな量の漢字が一代でできるわけがない」という常識派の人たちは、「それはまだ発掘されていないだけで、ここに至る漢字の歴史がどこかに埋もれているはずだ」と考えている。

さて、どれが本当なんだろう。

ここら辺に関しては後で書くかも知れませんが、今回はペンディングが多いなあ。

さて、それはともかく4,000種以上もの漢字があるので、その中には「心」もないし、「心」系の漢字もないのです。

これはすごいでしょ。

だって漢和辞典を引いてみればわかるけど、現代では「心」系の漢字はもっとも多い漢字のひとつなんですから。

▼「心」は3,000年前に生まれた

となると「心」や「心」系の漢字は、あるときに突如出現して、そして急に爆発的に増殖したということになるのです。

まず出現からです。

「心」という漢字がいつできたのか、というと王朝が「周」に変わってからです。

800年近くも続いた「周」は前半を西周、後半を東周といい、さらに東周は春秋時代と戦国時代に分けられます。我らが孔子は春秋時代末期の人です。

殷を滅ぼし、周王朝になったのは紀元前1046年ごろ。今から3,000年くらい前です。

いや〜。すごいですね。

ある漢字の発生期に、出土された遺物を通じて私たちは立ち会えるわけです。しかも「心」という重要漢字の発生に立ち会える。これはすごい!

さて、漢字の発生は3,300年ほど前。心の誕生は(ぴったりこれだ!とは言えないまでも)およそ3,000年ほど前。

ということは、4,000文字以上を擁する漢字ワールドが完成してから300年間も「心」は誕生しなかったのです。

▼「心」はずっと日陰の存在だった

さらに、「心」はせっかく誕生してからも、かなり長い間、日陰の存在を続けることになります。

『殷周金文集成引得(索引)』の中には、頻度表が含まれます。ありがたいことです。

それを見ると、「心」はせっかく誕生してもあまり使ってもらえなかったことがわかります。いや、使ってもらえなかっただけでなく、よき配偶者にも恵まれず、結果、子供もあまり生まなかった。

すなわち「心」系の文字もあまり生み出されなかったのです。

『論語』の中の「惑」も「志」も、孔子が生きていた時代には誕生していませんでした。周代に生まれた「心」の子供たちでもっとも元気なのが「徳」という漢字です。

ちょっとここで面白い現象が起こります。

すなわち、頻度表を見ると、最もシンプルな「心」よりも、その子である「徳」の方が多く使われているということです。

これに関してはまた後日扱うことになります。
  • ライブドアブログ