このごろTwitterばかりでブログを全然書いていません。たまにごらんいただく方もいらっしゃるようで、すみません。

さて、以下のようにNPO法人「天籟(てんらい)」主催の能の公演がございます。どうぞお出ましください。

なお、以下の記事はメルマガで送った内容の再掲です。

〓〓 今回のINDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●能『船弁慶』、狂言『井杭(いぐい)』公演のお知らせ

●能『船弁慶』を骨まで楽しむワークショップ

●寺子屋:次回は来週の火曜日(10月5日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、安田です。前からちょっとお話しておりました能の公演の詳細が決まり
ました。

●能『船弁慶』、狂言『井杭』の公演のお知らせ

今年の年末が古典芸能で〆よう!ということで能『船弁慶(ふなべんけい)』と狂言
『井杭(いぐい)』を楽しむ公演を催します。どうぞお出まし下さい。

日時:12月4日(土)14:00開演
 正面S:8,000円 正面A:6,000円 脇正面:4,000円 
 中正面:3,000円 二階席:3,000円※学生割引あります。お問合わせを。
【天籟会員】全席1,000円引。天籟会員限定の謝恩ワークショップ予定(来年)

能『船弁慶(観世流)』
 シテ:津村禮次郎 ワキ:安田登 間狂言:奥津健太郎 
 子方:白川深紅 
 笛:槻宅聡 小鼓:幸 信吾 大鼓:大倉正之助 太鼓:徳田宗久

狂言『井杭(和泉流)』
 シテ:野村小三郎 アド:野口隆行 子方:奥津健一郎

ご予約はメールでお願いいたします。noh@tenrai.or.jp
※近日中にFAXのご案内もします。

●能『船弁慶』を骨まで楽しむワークショップ

「能を観ると眠くなる」、「正直、何やってるのかよくわからない」そんな方のため
に能『船弁慶』を骨まで楽しむワークショップを開催します。参加費は一回1,000円
ですがチケットを購入していただいた方は無料でご参加いただけます。

特に3回目と4回目はお勧めです!すべて19時より、東江寺(広尾)さんにて。
※急な法事の場合は会場が変更になることがあります。
お問い合わせ、ご予約はメールでお願いします。noh@tenrai.or.jp

(1)船弁慶を楽しむ―全体のお話 10/6(水)もう来週!
能全体のお話、能と狂言との違いなどをお話したあと、『船弁慶』全体のお話をしま
す。でも、この会はお休みしても大丈夫。『船弁慶』に関しては次回にも同じような
ことをお話します。だって、あまりに近すぎますから・・。

(2)船弁慶を読む―古典の授業 10/19(火)
能は、その構造を知ると急にわかりやすくなります。能の典型的な構造のお話をした
後、『船弁慶』の構造分析をし、さらには古典の授業のように皆さんと一緒に朗読を
したり、謡を謡ったり、魔術的修辞法である掛言葉を探したり、そのほかさまざまな
角度から船弁慶を料理します。

(3)舞を知る―シテ方と笛による11/11(木)
能の中心は「舞」です。しかし、舞の間は謡もないし、長いし、何やってるかわから
ないしで、もっとも多くの方が睡魔に襲われる時間でもあります。が、それがどんな
風に舞われているかを知ると突然、面白くなって「もっと観たい!」となるのも舞な
のです。皆さんと一緒に舞の笛の譜(唱歌)を謡ったり、実際にちょっと体を動かし
たりしながら、舞の動きをとことん追求します。今回の『船弁慶』だけでなく、これ
からの観能体験が全く変わります。

(4)狂言と囃子が大活躍―波の表現11/22(月)
『船弁慶』の後半では義経一行が船出をします。最初は静かだった海が突然荒れ狂う。
見れば海の上には平家の亡霊たちが、義経の乗る船を沈めようとわさわさ出現します。
この<海の変化>を表現するのが狂言役者と囃子方です。ちょっとこれがすごい!し
かも、どのタイミングで強くなるとか、静かになるとかはその場の雰囲気(というか
人によって変わる)。その仕組みを知ることは、日本の音楽の神髄を知ることにもつ
ながるかも。

(5)主役の周辺の人々11/30(火)
能は確かにシテ中心主義です。でも『船弁慶』っていう題名の「弁慶」ってワキの役
割なのです。能のワキは脇役ではない。また、狂言役者だって能の中で、すごい役割
を果たすのです。そんなお話を中心にワキと狂言、そして子方の役割についてみてい
きましょう。

ワークショップへのご参加もメールでお願いします。
noh@tenrai.or.jp

●寺子屋:次回は来週の火曜日(10月5日)

来週火曜日は寺子屋です。

日時:10月5日(火)19:00〜
・場所:東江寺(東京都渋谷区広尾)
【参加費:お賽銭】

参加ご希望の方は、お手数ですがメールをいただければと存じます。

info@watowa.net

★参加ご希望に対する返信がなくても、ご心配なさらずお出ましください。

寺子屋の詳細はHPで。http://www.watowa.net/
(↓携帯ページ)
http://www.watowa.net/i/tera/index.htm

ツイッター
http://twitter.com/eutonie