NPO法人『天籟』の来期事業として、四民の方外『奥の細道』プロジェクトが本格的に始動!

四民の方外とは士農工商の四民の外に生きる!という江戸時代の俳諧師の生き方。不登校とか引きこもりとかニートとかリストラとか<四民>の付けた呼び名に安住せず、四民の方外での生き方を探る旅を。

・・とTwitterに書いた。

◆◆◆◆◆

芭蕉は、世に出ることがほとんど不可能!という出自をもつ。彼は「そんなのイヤだ」とさまざまな努力をするがすべて裏目。ついに「士農工商」という四民の外に生きよう、と決意。さまざまな紆余曲折と工夫と、そして「奥の細道」の旅でそれを完成させた。

「社会(四民)」の中で生きるのがキツイ人々を、無理やり「社会(四民)」復帰させようとしているのが今の政策。不登校やニートや引きこもりに対するね。で、これが全然、うまくいってない。

・・・ではなく、むしろ積極的に「社会(四民)」の外で生きると決意することによって、その方法を探り、そしてその力を「社会(四民)」に還元する、そんな方途があってもいいだろう、と思う。

そのために大切なのは「旅」。からだを使うこと!

定住していても心は放浪という「定住漂泊」があるように、自分の殻に閉じこもったままでも、しかし体は放浪するという「引きこもり漂泊」があってもいいんじゃないか。

在原業平の東下りの旅なんてモロそれだし(彼は杜若と出会うことによって外に目が向く)、「歌枕見て参れ」と追放された実方の旅だってそうだし(彼は客死してしまう)、なんといっても能のワキ僧の旅は、もうまさにそれ(彼は亡霊と出会う)!

『奥の細道』だってそうだ!

◆◆◆◆◆

で、平日の一週間、歩けるような立場にいる人(仕事をしてないとか、学校に行ってないとか=「社会(四民)」の外にいる人)と『奥の細道』を歩きつつ、歌枕に出会ったり、俳句などを通じて抒情世界と親しんだり、そして何より自分の身体と出会ったりする旅をする、というのがこの企画。

ロルファーの大貫毅朗さんも一緒に歩きます。事前に行う「歩きたい体を作るワークショップ」と、歩きながらのアドバイス、そして一日歩いた後のメンテナンスを、大貫さんと安田とが行います。

また、臨床心理士も一緒に歩き、歩きながらの「てくてくカウンセリング」も実施の予定(これはまだ調整中。なんといっても一週間なので)。

◆◆◆◆◆

最初は深川〜日光までの、ほぼ旧・日光街道に沿った旅。詳しい日程は、またアップします。

このプロジェクトにCGやCMを手がけている(株)グリオより、記録用のビデオカメラと、それをアップロード・更新するための(未発売ですが)iPadをご提供いただきました!

皆様の有形無形、物品、金銭のサポート、お待ちしております。

そうそう。できれば宿泊の先々で寺子屋を開ければと思っております。お心当たりの方、どうぞよろしくお願いいたします。ご興味のある方、寺子屋を主宰してやろうという方、ご連絡をお願いいたします。担当者より連絡をさせていただきます。

info@watowa.net

◆◆◆◆◆

いまは国土地理院の25,000分の1の地図と格闘中!

map_kokudo