この数日、舞台があったり、箱根に行ったり、ロルフィングをしたり、朝日カルチャーセンターがあったりと何かと忙しく、ゆっくりとブログが書けません。

・・・というのは言い訳で、本当は、非常に大切な原稿をひとつ書き忘れていて、焦って書いているからなのです。依頼されたときにアイディアがパッと浮かんで、それをメモしたので、もう書いた気になっていて忘れていました。

本当に忘れっぽくて、これが長所として出ることもあるのですが、大概は問題を引き起こします。傘なんかは一ヶ月もったことがない。

そうそう。去年と今年でお財布は三度失くしました。クレジットカードもキャッシュカードも、むろん現金も入っていました。・・が、三度とも出てきました。警察から連絡があって取りに行ったのですが、拾ってくれた方は名前も残してくれなかったためにお礼もできていません。

「よく出てくるね」と友人たちから関心されます(が、その前に呆れられていますが)。

とはいえ、舞台での台詞は忘れないようがんばっているし、舞台の装束も電車で置き忘れたことはないので、まあただの気の緩みですが(出演料は何度か失くしたことあり!)。

何かひとつのことをしていると他のことに気が回らなくなります。千葉の方の京葉線のホームで電車を待っていたときに本を読んでいたのですが、目の前を何台も電車が止まったのに気づかず、一時間くらい本を読み続けていたことがあります。

「何で電車が来ないんだよ」と思ったのですが、自分が気づかなかっただけでした。

こうなると性格というよりも、もっと基本的なところに問題があるとしか思えません。気質ではなく器質に問題がある!

でも、この器質の問題が今の自分を創っているに違いないわけで、まあそれならお財布失くすくらい仕方ないかなと思っています。で、仕方ないかなと思っているから多分出てくるんじゃないかなとも思っています。思っているだけですが・・・。

なんてことを書いているヒマがあったら原稿を書け!と自分に言い聞かせて、これから書きま〜す。

未詳倶楽部レポートも途中ですみません。

このレポートは、次回はその中で読んだ甲骨文を紹介しようと思っているのですが、ひょっとしたらそれはブログよりもホームページ化した方が読みやすいかも知れないな、などとも思っています。

というわけで今日は失礼します。

 安田