ワークショップ「文字は息からできたっ!?」

すごく久しぶりのブログです。

この数日、山のシューレ(那須)にいます。アートビオトープ主催の山の学校です。

8月1日は、子供向けのワークショップで「文字は息からできたっ!?」ー言葉の生まれるときというタイトル。

からだも手も水やジュースでぐちゃぐちゃになり、白いTシャツがカラフルに。元気に息を出したり、声を出したり、からだを動かしたり、すごくワイルドなワークショップでした。でも、ちゃんと集中するところは集中。

「息」と「文字」は子供を引き付ける力もすごい。

むろんメイン講師の高木久美さん(現代美術家)も、とってもすごいけど。

今回のワークショップのテーマは息と文字ですが、要素として「ネガティブハンド」と「ドリッピング」、「能管」そして「甲骨文字」という、ちょっと不思議な取り合わせです。

あまり耳慣れない「ネガティブハンド」とは4万年前〜1万年前(異説あり)の洞窟の中に残る手形です。

手形といっても、手に顔料をつけてペタッとつけたものではなく、ネガティブという言葉が示すように、手を洞窟の壁に置いて、口に含んだ顔料を吹き付けて作ったと創造されている、ちょっと不思議な手形なのです。

本物は、こんなのです。

negativehand

数万年前のものには見えないでしょ?

なぜこんなことをしたのかについは、いろいろ面白いところで、しかもこれからも考えていきたいテーマなのですが、今回はそれについてはあまり触れずに、このネガティブハンドから「文字」に至る道のりが始まったのではないかということでワークショップを組み立てました。

そして、もしそうならば文字は「息」からできたんじゃないかということで、息を使って、そして文字の発生を感じてみようというワークショップでした。

11時〜16時30分という、ちょっと長い(しかし、実際やってみるとかなり短い)ワークショップでした。

現代美術家の高木久美さんがネガティブハンドを指導し、能管の槻宅聡さんが能の笛の唱歌で呼吸を指導し、そして僕が甲骨文字と全体の流れを受け持ちました。

●最初に練習

ネガティブハンドについてちょっと話をし、そのあと洞窟壁画の写真を見ながら、気付いたことをいろいろ話してもらいました。・・が、このときはあまり意見は出ず。

DSC00012

で、次に外に出て練習。最初は水を使って地面に。口がスプレーのようにならなければできないので、はじめのころはうまくいかなかったのですが何度もやっているうちにこんな風にできるようになりました。

DSC00023

●笛の唱歌(しょうが)で呼吸の練習

ネガティブハンドを上手に行うコツはなんといっても呼吸のコントロール。今回はそのためにふたつのことを用意しました。

最初は能の笛を覚えるときにうたう唱歌(しょうが)。これはただうたうだけでなく、お腹の底から強い息を出しながらうたいます。最初は小さい声で、弱い息しか出なかった子供も槻宅先生のうまいのせ方で、大きな声で。

しかも、これがネガティブハンドの出来上がりに関係するとなると、そりゃあでかい声になるわな。

あ、そうそう、ブログを書こうとは思っていなかったので、今回の参加者に写真を載せていいかどうかの許可を得ず、いまここにいる子(の保護者の方)から許可をいただいた分だけを載せますね。

で、唱歌パートは許可を得られた子で写っている写真がないので、犬が唱歌を一緒に歌っているところを・・・。

DSC00041

●さあ、布に練習

本当のネガティブハンドは顔料などらしいのですが、今回は紅茶、コーヒー、ジュースで行いました。まずは机の上に(不要になった)シーツを敷いて、そこで何度も練習。

そして、次に縦にビローンと張った布に練習をしました。

DSC00046

もう、ここら辺になるとみんな超ワイルドになりました。顔も手もからだもぐちゃぐちゃ。たぶん、わざとぐちゃぐちゃになっている。

でも、できあがった作品はなかなか!

DSC00051

DSC00055

●ドリッピング

呼吸の稽古、第二段はドリッピング。

これは画用紙の上に絵具をたらし、それをストローを使って作品にしていくというもの。唱歌が強い呼吸の稽古だとすると、こちらは呼吸のコントロールの稽古です。

DSC00083

いろいろなドリッピングができあがった。

DSC00093

●甲骨文字

次は甲骨文字と金文。

ネガティブハンドから甲骨に至る時代の話をして、さまざまな漢字当てクイズなどをしたあと、自分の名前を甲骨文字や金文で書いてみる。今回はネガティブハンドの流れもあって指文字で挑戦。

指全部にいろいろな色をつけて、カラフルに描いている子もいる。

DSC00115

こちらは全然そういうつもりはなかったし、そんなインストラクションもなかったのに、いつの間にかみんなアートにしちゃっている。怖るべき子供たち。

DSC00130

●さあ、清書

最後に清書です。

甲骨文字とドリッピングとネガティブハンドは、あとでまとめて製本(和綴)するので、清書のネガティブハンドです。和紙に息をブシッとします。

DSC00131

●あ、蝶が・・

清書も終わって、ふと見ると、つるした布のネガティブハンドに蝶がとまっていた。そうか、ジュースだもんね。

DSC00132

●最後にまた・・

最初に見せた写真を、最後にまたみんなで見ました。

今度はすごい。いろいろな意見やら疑問点やらたくさん出てきて、終わらせるのが大変。本当にすごい勢いで出てくるのです。

予定時間を15分も過ぎて、やっと終了。

ひとりの子が最後にとても暗くなり、ぼそっと「帰りたくない」とひとこと。

だよね。

明日は寺子屋です

メルマガに登録されている方には出しましたが、明日は寺子屋です。

受講料はお賽銭ですので、どなたでもお気軽にお出ましください。

以下、メルマガの内容です。

******************************************************
●7月の寺子屋

●新刊出ました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、安田です。

Twitterではお知らせしていましたが、7月の寺子屋が決まりました。第1回目は何
と明日でした。ぎりぎりですが、どうぞお出ましください。

●7月の寺子屋

7月の寺子屋ですが以下の通り開催いたします。

日時:7月6日(火)19:00〜
   7月21日(水)19:00〜
・場所:東江寺(東京都渋谷区広尾)
【参加費:お賽銭】

前々回から「君子と小人」についてやっています。前回は金文を読むだけで終わって
しまったので、明日も「君子と小人」の続きをします。

参加ご希望の方は、お手数ですがメールをいただければと存じます。

info@watowa.net

★このメールに対する返信がなくても、ご心配なさらずお出ましください。メーラー
の調子が悪いのです。

●新刊出ました

『論語』の本、第二弾出ました。今回はなんと横書き。しかもほとんどのページが見
開き読みきりです。どうぞ一度、お手に取ってごらんください。

10のキーワードで味わう『論語』―智恵を読み解く古代文字(春秋社)¥ 1,680

http://www.amazon.co.jp/10%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E5%91%B3%E3%82%8F%E3%81%86%E3%80%8E%E8%AB%96%E8%AA%9E%E3%80%8F%E2%80%95%E6%99%BA%E6%81%B5%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%AD%97-%E5%AE%89%E7%94%B0-%E7%99%BB/dp/4393436393/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=books&qid=1278287861&sr=8-7
***************
寺子屋の詳細はHPで。http://www.watowa.net/
(↓携帯ページ)
http://www.watowa.net/i/tera/index.htm

★ホームページの更新は、もうしばらくお待ちください。

★なお、寺子屋に関して東江寺さんへのお問い合わせ、ご連絡はご遠慮ください。

ツイッター
http://twitter.com/eutonie

『楚辞』より

『楚辞』は、古代中国の詩集です。

北方の『詩経』、南方の『楚辞』と並び称されます。

南方の楚の国の詩歌だから『楚辞』なのですが、なぜ詩とか歌ではなくて「辞」かというと、これは宗教辞令の「辞」ではないかというのは星川清孝氏です。『楚辞』に載る詩のほとんどは、かなり宗教的、呪術的、巫的な詩が多い。

あ、そうそう。『楚辞』は屈原(くつげん)の詩が中心に収められています。で、屈原はB.C.4世紀くらいの人です。讒言されて宮廷を追放され、汨羅の淵に身を投げた。高校の漢文の授業で「漁父の辞」とかやった方も多いでしょう。

「屈原、すでに放たれて・・」を「屈原、すでに鼻垂れて・・」なんて遊んだ記憶のある人もいる?

お決まりで併載される横山大観の絵で有名ですね。

北方の中華が呪術的な伝統を失った後でも、楚の国には、まだまだ呪術的な伝統が残っていた。政治にもその影響を大きかった。礼(禮)による政治、祭政一致です。

が、時代は呪術的(あるいは禮的)な政治から、「法」による政治へと変わりつつあった。そんな中、最後の呪術的(禮的)政治に携わっていた、すなわち巫者であり、かつ政治化であったのが屈原。

彼の追放は、政治基盤が「祭」から「法」に変化した象徴でもあるのです。

◆◆◆◆◆

『楚辞』には、いくつもの詩が載りますが、その中でもっとも有名なのが「離騒」。全16段の長い叙事詩です。

霊均という人物に仮託して、自分の信条を吐露していますが、以下、その一部(第10段)を超訳しますね。超訳ですから、読みやすさを第一にし、細かなところは無視しています。原文に興味のある方は検索すれば、たくさん出てきます。

◆◆◆◆◆

国は乱れ、それを何とかするために君主に近づこうとするが、妨害にあって阻まれる。それどころか彼の命さえ狙われる。そんなバカなことをするなと周囲からも言われる。彼はその苦しみを伝説の帝王である舜に訴えるために神話世界に飛び立つ。

そのときの模様です。

◆◆◆◆◆

『楚辞』離騒より

第十段

衣を敷いてひざまずき、祝詞を宣(の)れば
わが魂は中正を得て神界に遊ぶ

四頭の白龍を従え、大鳥の背に乗れば
巻き起こる風に埃は巻き上がり、われは天に上り行く

東南の果てにある蒼梧(そうご)の山を朝(あした)に発し
夕べには西の果ての崑崙山にある神々の国、県圃(けんぽ)に至る

この神々の門にしばらく留まろうとすると
ふと日が暮れ始めた

太陽を運ぶ御者、義和(ぎか)に歩みを緩めんことを請い
日の入る山の手前でしばらく留まらせ、日の暮れるのを遅らせる

道は遥けく先は遠い
あるいは上り、あるいは下り、探求の旅を続ける

◆◆◆◆◆

太陽が水浴びをする咸池(かんち)で馬に水を飲ませ
手綱を扶桑(ふそう)の木に結ぶ

若木の枝で太陽を祓いつつ
しばらく逍遥して帰るを忘れる

わが道を先駆するのは月の御者
後より付き従うは風の神

露払いに飛翔するは鳳凰と鸞(らん)鳥
雷神が畏まり「いまだ具(そな)わらず、しばらく待たれよ」とわたしに告げる

そこで鳳凰をまず天高く飛翔させ
夜に日を継いで進ませれば

渦巻く風はあるいは集まり、あるいは離散し
やがて使者である雲霞や虹が出現した

その供人らは風のまにまにあるいは離れ、あるいは集まり
あるいは上がり、あるいは下がるさまも色あざやか

◆◆◆◆◆

やがて天帝の門に着き、門を守る役人に開門を請うが
門番は天の門に寄りかかって、ただわれを眺めるばかり

ああ、日はもう暮れようとしている
秘境の幽谷から摘んできた蘭を捧げて、私はただ佇むばかりである

ブログをちょっと訂正

前々回のブログに「今月の寺子屋」と書きましたが、あれは・・

4月の寺子屋

・・の間違いです。すみません。

あちらも訂正しておきました。

4月6日(火)19:00〜
東江寺さん(広尾)

です。

よろしくお願いいたします。

ミュンヘンの夜

先日のオーストリア公演の最後の夜。

ハル・イン・チロルでの舞台が22:10時に修了。で、準備ができたらすぐ出発という話だったのですが、来るはずのバスが来ず、そのまま23:30まで待機。やっと来たバスに揺られてミュンヘンへ。

オーストリア→ミュンヘンというと、ヒトラーのオーストリア侵攻を思い出す。あれはワルシャワだったけど。

ミュンヘンのホテル到着は02:10。

「今日は二人部屋です」という話と「04:40に起床!」との連絡を受け、部屋に行く。部屋はなんとダブル。

26

男2人でダブルベッドはちょっとなあ。

これをアレンジしたのはアムステルダムのプロデューサー。ヨーロッパの人って同性同士でのダブルって平気なのかなあ。

同室の人とも、「若いときならいざ知らず、この年になって、この待遇はねえ」と悲しむ。僕の方が(ほんのちょっと)若いので、自己申告でクッションを床に敷いて寝ることにする。

25

石の床は冷たい。氷の上に寝ているみたい。クッション一枚ではキツイ。でも、奥の細道の旅よりは格段にいいしね。

芭蕉の「蚤虱(のみしらみ)馬の尿(しと)する枕もと」などを思い出して横になるも、寒くて眠れず、04:00には諦める。

が、ベッドでゆっくり寝ていたら2時間ちょっとの仮眠はきつかったかも。元気な目覚めでバスに乗り込む。

そんなミュンヘンの夜でした。

◆◆◆◆◆

そうそう。Twitterにも書いたのですがブリティッシュ・エアーのロンドン→日本間のビデオプログラムで英独のサッカーの歴史があって、ボビー・チャールトンやベッケンバウアー、ゲルト・ミュラーなどの雄姿を見る。

ボビー・チャールトンってシュートがすごいってイメージがあったけど、ドリブルを含めてボールの扱いも異常にすごい。それとゲルト・ミュラーの突っ立ったまま腰をぐわん!と捻っての無理矢理シュート。信じられないパワー!

当時のサッカーって個人技がすごい。しかも泥臭い。いいなあ。

ジョージ・ベストも見たかったけど英独のワールドカップの映像が中心だったので、出ていませんでした。

当時のプレイをロルファーの目で見直してみると、すごく面白いかもと思った。

4月の寺子屋

3月の寺子屋をブログに書くことができませんでした。失礼しました。

実はいまうちのLANの調子が悪く、なかなかブログを書けません。Twitterにはちょくちょく書いていますので、そちらもどうぞご覧ください。

http://www.twitter.com/eutonie

さて4月の寺子屋ですが、まずは最初の回ですが4月6日(火)に決定しました。場所はいつもと同じく東江寺(広尾)さんです。なお、その次ですが今のところ20日を考えていますがちょっと調整中です。

受講料もいつも通りのお賽銭。

今月から開始時間を前に戻して<19時ちょうど>からにいたします。

今月は論語のほかに『おくのほそ道』も読む予定です。「月日は百代の・・」は読まず、深川から舟に乗り千住から旅立つところあたりを読もうと思っています。ここはとても大切な章です。

その次は那須の段を読みます。

お待ちしております。どうぞお出ましください。

今度こそ、インスブルックよ こんにちは

帰国しました。3泊5日の超バタバタ海外旅行(前に1泊3日ってあったけど)。

さて、インスブルックだと思ったところが実はハル・イン・チロルという町だったということを書きましたが、そこからインスブルックまでは約10キロ。せっかくなのでちょっと行こう!という話になり、行ってきました。

そうそう。「インスブルックよ、こんにちは」というタイトルは「インスブルックよ、さようなら」という歌を踏まえています。インスブルックと聞いたとき、実はこの歌の題名だ、としか知りませんでした。インスブルックがオーストリアということすら知らなかった。

行ってみると大きな街でした。

以下、写真はクリックすると大きくなります。

01
【大きな劇場】

02
【王宮もあった】

◆◆◆◆◆

ケーブルカーが出ているということで山の上にもあがりました。1905m!

03
【ケーブルカーで上がっている所】

山の上から下界を見下ろす(写真ではあまり雰囲気が出ませんが、かなり高いところから見下ろしている感じです)。

04

眼下には「インスブルック」の名前の由来になったイン川も流れています。インスブルックとはイン川の橋という意味。

05

では、山の景色をいくつか。さすがアルプスですね。

06

07

08

◆◆◆◆◆

この写真は宮廷教会。皇帝マキシミリアン祇い領酩世任后奮梓僂斑罅法

09

10

中に入ると黒い銅像がたくさん。「黒い仲間たち」と呼ばれている銅像群です。いいなぁ。黒い仲間たち。

11

近くの小学生たちが先生の話を聞いていた。ワイワイ騒ぐけれども先生の話術に引き込まれる(?)。

12

人気のあるのは、この天狗みたいなクチバシのやつ。

13

それとこれ。「これはお母さんのような髪型をしているけど、男ですよ」とかなんとか言っている。実はハプスブルグ家の始祖。股間にすごいのがあるけど、このことに関しては説明はしてなかったかなあ(聞き取れるほどの語学力がないので、本当のとところはわからない)。でも、子どもは絶対に気になるよなあ。

14

◆◆◆◆◆

インスブルック名物(だそうです)の金の屋根。

15

・・と、そのズーム。

16

インスブルックの不思議なところは道路を挟むと、以下の二つのように建物が全く違った様式になるところです。

17

<この建物群が道路一本はさむと・・>

18

むろん世界のマックも健在!

19

◆◆◆◆◆

遠くに山々を眺めながら、お茶をする。

23

上の写真の左上のズーム。

24

おまけ2つ。

22

21

インスブルックは数時間しかいなかったけれども、今度はゆっくり行きたいなあ。

ハル・イン・チロルの街中散歩

引き続き、インスブルックだと思い込んでいたハル(HALL)・イン・チロルの街中散歩です(写真はクリックで大きくなります)。

教会がたくさんある。そのうちのひとつ。

01

入る。ゴシックっぽい・・けど、ちょっと違う?

02

不思議とセンターが外されている。よくあるのかな。こういうこと。

03

写真には撮らなかったけれども、ここには頭蓋骨がたくさんあった。肋骨もある。

町の中の通りを示す看板。わかりやすい。

04

カフェを示す看板。こちらは立体的。

05

さすがチロル。遠くに雪の残る山をいただく。

06

07

申し合わせ(リハーサル)後に外に出たら夕暮れになっていた。夕暮れの町。

CIMG0024

インスブルックよ、こんにちは

本当に長い間、ブログを更新しませんでした。

さて、いまはオーストリア公演中。

日曜日の朝に出たのですが、朝から大変。

まずは強風で首都圏の交通網がマヒ。その影響が成田エクスプレスにあるかどうかを恵比寿駅で聞いたら「FAXが来ていないから大丈夫」とのこと。が、品川まで行ったら、止まってた。おいおい。

で、怒っても仕方ないので、そのまますぐに山手線に乗り日暮里へ。京成は動いていて、しかもギリギリSkyLinerの指定券が取れました(ギリギリというのは僕の少し後ろの人はもうダメ)。

これはかなり早めに出たからよかった。

そんなこんなで集合時間にはちゃんと間に合った。

が、乗る予定のブリティッシュ・エアーがストで急遽ルフトハンザに変更!・・・と思ったら、朝出発のはずの飛行機が機材(飛行機)未着ということで16時に変更。約7時間遅れ。

病人が出たらしいのです。

で、12時間半かけて20時頃(日本時間では明けがた4時頃)にミュンヘンに到着。そこでちょっと軽い食事。そして、またバスに乗り込み2時間半かけてやっとインスブルックに到着。

用意されていたホテルが歴史的ホテルとかいう素敵なホテルなのですが、エレベーターが途中までない。

00
【ホテルの外観(翌日撮影)】

01
【入り口(翌日撮影)】

02
【ロビー】

03
【部屋への入り口】西部劇みたい

部屋はダブルルーム(むろんひとり)だし、ちゃんとLANもありました。

04

いつも変換器をひとつだけ持っていき、あとはこんなタコ足配線。PCと携帯とiPhoneと帰国後用のEmobileを充電。

05

翌朝は街中の散歩。中世の面影を残す、素敵な町です。2時間も歩かないうちに市街はすべて踏破。

で、町を歩いているうちに、実はここがインスブルックではないことが判明。今回の公演はガイドもいないので、誰もここがインスブルックではないということを知らなかったのです。

ハル(HALL)・イン・チロルという町。ハルは塩です。塩とドルの元にもなったオーストリア銀貨鋳造で一時期はかなり栄えた町だったそうです。インスブルックと間違ったけど、でも、本当にいい町です。

全然更新していないお詫び

ブログを全然更新できずにすみません。

現実生活では、四民の方外「おくの細道」プロジェクトも着々と進み、原稿もシャカシャカ書いているのですが、なかなかブログに向かう時間がありません。

・・が、書きたいことは山ほどありますので、落ち着いたら書きます!

それまでの間は、たった140文字ですがTwitterをご覧ください。

http://www.twitter.com/eutonie/
  • ライブドアブログ